滋賀瀬田道院 道院長のご紹介

道院長(指導者)について

各地の道院では、金剛禅総本山少林寺によって指導者として正式に認められた道院長が、責任を持って道院運営・門信徒育成を行っています。
 金剛禅宗門は教えを現代社会に生かすための道であるため、道院長は本職を別に定めたうえで、社会との関わりを持ちながら「自己と他人の成長、そして金剛禅を縁とした人間関係」を最大の喜びとして無償で指導に当たっています。

道院長紹介

道院長 渡辺 浩志
少法師 准範士 七段
金剛禅総本山少林寺の「主な修行法」として、少林寺拳法があります。
その修行場所が「道院」です。

老若男女・職業・人種・思想等の壁を越えて、集い、学び、切磋琢磨する場所であります。
物が豊かになり、便利な世の中にはなったものの、心の豊かさや充実感はまだまだ十分とは言えません。

貧富の差が拡大し、社会的弱者も決して少なくありません。

様々な疎外感や悩みを、「本当の強さ」を求めて修行する中で乗り越える為の一つの手段、きっかけになればという思いで、道院活動をしております。

気楽に参加して頂ければ(遊び半分は×です)と思っています。


*私は2021年度現在、滋賀県教区長を拝命しております。