注目の道院

滋賀大江道院
大津市

昨日の自分より今日の自分、今日の自分より明日の自分
滋賀大江道院 -河野 浩史-
道院長
河野 浩史 先生
(中導師 正拳士 五段)
趣味/特技 映画、音楽、読書戦国武将
連絡先 090-1594-1237
hiro_samapon.853@live.jp
HP 道院サイトはコチラ
ブログ 道院ブログはコチラ
基本情報 道院サイト

先生について

道院長になったきっかけ/エピソード

強くなりたい、今までの自分とは違う自分を作りたいとの思いで、高校から少林寺拳法を始めました。一緒に練習した日々は楽しく、時間が経つのが早かった。

大学でも町道場に通い年少部指導から一般まで、指導と練習をして青春時代を過ごしていました。

その中で少林寺拳法は漸々修学であり、永く一生続けていくものとしてとらえていました。

同じ続けていくのなら、諸先生方や先輩方から自分が学んだこと、そして習得したことを伝えることができればと思い、同じやるなら自分の形でやりたいと想いが強くなり、開祖の「いつかは道院長になれ」との言葉もあり、道院長になる決心をしました。

指導に心がけている事

楽しく練習ができた。また来たい。と思ってもらえるように雰囲気つくりをしています。

子供達には、体を動かすことを中心に、出来るように助け合い、出来なかったことが少しでもできたらほめて、できた喜びを分かち合い、自信をつけていくようにして楽しく練習をしています。

大人には、基本、身体の使い方を重要視して練習しています。

また時には、他道院の先生方に来ていただき、技の向上を図っております。

どんな道院を目指している?

地域密着型の道院にしたく思っています。

近所のご年配方、道院の子供達とのコミュニケーションが取れ、道院自体を地域のコニュニティーセンターにできればと思っています。

道院について

道院の特徴/雰囲気

道院の皆と家族で支えあい、成長を見守っている家族感のある道院です。

所属拳士からの一言

心を強くするために少林寺拳法を始めました。以前は、友達にきついことを言われても最近は泣かなくなりました。道院で学んだ優しさを友達に向けられるようにもなってきました。「中学生になるまでに黒帯になる」という目標を持って、頑張っていきます。(小学校2年生 7級)

モジモジしていた息子ですが、少林寺拳法を通じて挨拶の大切さを学びました。今では保育園の先生より「毎朝必ず、元気いっぱい挨拶をしに来てくれるので、元気をもらっている」と言ってもらっています。(年長組 8級)

滋賀大江道院は、いろんな人に教えてもらっています。優しくて練習が面白いです。練習が終わった後の絵本の時間も好きです。(年長組 8級)